阿弥陀くぢ

阿弥陀くぢ

Add: ahero43 - Date: 2020-12-15 05:38:31 - Views: 9205 - Clicks: 8416

. See full list on true-buddhism. 阿弥陀如来は、阿弥陀仏ともいわれ、お釈迦さまの説かれたお経の至るところに説かれています。 『法華経』や『般若経』をはじめ、一番最初に説かれた『華厳経』にも、最後に説かれた『涅槃経』にも説かれています。 天台宗の荊溪湛然(けいけいたんねん)は、『摩訶止観(まかしかん)』の注釈書にこう書いています。 「諸教に讃ずる所、多く弥陀にあり」 (『止観輔行傳弘決(しかんぶぎょうでんぐけつ)』) 色々のお経にほめたたえられている多くは、阿弥陀如来のことである、ということです。 こうして、日本全国の半数以上の寺院は本尊を阿弥陀如来とし、浄土真宗や浄土宗以外でも、阿弥陀如来を念じない宗派はないほど、仏教で最も尊ばれる仏様です。 ではなぜお釈迦さまは、阿弥陀如来についてそんなにたくさん説かれたのでしょうか?.

世界大百科事典 第2版 - 弥陀の用語解説 - 極楽浄土にいて衆生を救済するとされる仏。弥陀とも略称される。《無量寿経》によれば,過去世に法蔵比丘が世自在王如来のもとで四十八の誓願をたて,長期間の修行を果たし,現在では阿弥陀仏となり,極楽浄土の主となって,その浄土へ往生を. 阿弥陀如来は紀元前後の大乗仏教の成立と共に信仰されるようになりましたが、日本の阿弥陀如来信仰は、浄土宗やその後の浄土真宗の登場により独自の進化を遂げました。 浄土宗・浄土真宗は今現在も日本で多く信仰されている宗派の1つだし、世界で一番阿弥陀如来信仰が盛んなのもおそらく日本なんじゃないかと勝手に思います。日本人にとって阿弥陀如来はもはや必要不可欠な仏様となっているのです。 寺院観光に行けば、阿弥陀如来像を見る機会は多くあると思いますが、ぜひ阿弥陀如来信仰の裏にある歴史みたいなものをその際に感じていただけたらな・・・と思います!. 阿弥陀岳(あみだだけ)は、八ヶ岳南部、赤岳の約1 km西に位置する標高2,805 mで、長野県諏訪郡原村と同茅野市との境にあたる山。 目次 1 概要. 光明王菩薩 4. 阿弥陀如来の「如来」は仏様という意味の言葉。なので阿弥陀如来とは「阿弥陀という名の仏様」ということになります。 仏教って悟りを開いて仏になったブッダの教えを信仰する宗教です。仏となったブッダのことを釈迦如来と言いますが、すると阿弥陀如来と釈迦如来で仏様が複数いることになります。 阿弥陀くぢ なぜブッダの教えを信仰するのが仏教なのに、ブッダ以外の仏様が登場するのでしょう?何も知らなかった自分にとってこれはかなり意味不明でしたが、この問いの答えは仏教の歴史を知ると自ずとわかってきます。 ブッダが亡くなった後、多くの人々がブッダの教えを理解・実践してブッダのように悟りを開いて仏様になろうとしました。しかし、数百年が経過しても一向に悟りの境地に辿り着く者が現れません。 どんなに教理を勉強して厳しい修行を行っても悟りを開けないとなると、次第に人々は疑問を持つようになりました。「ブッダの教えをいくら実践しても悟りを開けない。実はブッダの教え以外の方法でも仏になれる方法があるんじゃね?仮にそうなら、ブッダが悟りを開く以前にも仏となった人っているんじゃね?」 こうしてブッダが悟りを開くよりもさらに昔に悟りを開いたと思われる人物が仏教上に登場しました。その1人が阿弥陀如来なのです。 ちなみに、「ブッダ以前に仏になった人物がいるのなら、未来にも仏になる者がいるはずだよね?」という発想も生まれ、こうして信仰されるようになったのが弥勒菩薩になります。 ブッダ以外の仏の登場によって、仏教は実に多様で寛容な思想に発展し、こうして生まれたのが大乗仏教(だいじょうぶっきょう)。時代的には紀元前後のお話になります。大乗仏教以前の仏教は、原始仏教と呼ばれ、同じ仏教でも大乗仏教とは区別されています。 大乗仏教の最大の特徴は、「ブッダは全ての人々が悟りを開くことを望んで教えを説かれた。今のように難解な教理を理解したり、厳しい修行をこなしたものだけが悟りを開けるという考え方はそもそもおかしい。ブッダの教えを正しく理解すれば、万人に悟りを開く道が開かれているはずだ!」という思想を持っている点です。 具体的な思想の内容は、般若心経というお経に簡潔にまとめられていますが、ここでは省略。 大乗仏教は、中国や朝鮮にも広まり、そのまま日本にも伝来しました。日本の仏教は大乗仏教なんです。 紀元前後に生まれた大乗仏教と共に信仰さ. 阿弥陀如来について現代人の多くが間違いやすいのは、 阿弥陀如来を単なる大宇宙の真理だと思ってしまうことです。 それというのも、現代人は、頭で考えるだけの観念的な考え方に親しみやすいからです。 阿弥陀如来を単なる大宇宙の真理は観念的な考え方で、ひどくなると、自分の心が阿弥陀如来と理解する人まであります。 それというのも、天台宗や真言宗、華厳宗や禅宗などの自力の仏教では、万物の本性は自分の心以外にないと考えています。 これを「自性唯心(じしょうゆいしん)」といいます。 これが阿弥陀如来や浄土に向かうと、 私たちの心以外に阿弥陀如来も浄土もなく、私たちの心が阿弥陀如来であり浄土であるという考え方になります。 これが「唯心の弥陀」・「己心の浄土」と呼ばれる考え方です。 この考え方は自分の力に大きな自信を持ち、自分が確認できないと信じない人にはとても分かりやすいのです。 そして、自分の煩悩の奥底にあると考えている仏の性質を磨き出すために修行するのです。 この自性唯心の考え方を、親鸞聖人は『教行信証』信巻別序に徹底的に排斥されています。 末代の道俗・近世の宗師、自性唯心に沈んで浄土の真証を貶し (教行信証) 「末代の道俗」とは、「道」とは僧侶で、「俗」とは在家の人です。 世の中には道か俗しかいませんから、この中に入らない人ははありません。 「末代の道俗」とは、現在の僧侶も在家の人もということで、日本中の人たちのことです。 「近世の宗師」とは、当時の仏教の宗派を開いた人です。 一宗一派を開いた人たちは全員、自性唯心に沈んでいる。 「貶し」とは、おとしめ、けなしている、ということで、 真実の仏教が分からず、けなしていると徹底的に排斥されています。 このように、阿弥陀如来や浄土を自分の心と考える、「自性唯心」は、間違いなのです。 そこまで行かなくても、現代人の多くは、阿弥陀如来を大宇宙の真理だと思い、その真理を自覚し体得すればよいとか、自分で気づけばよいと思っている人もあります。 それも間違いです。 親鸞聖人は阿弥陀如来をどのように明らかにされたのでしょうか?. 三昧王菩薩 4.

そもそも発端は、私たちが、 果てしない遠い過去から生まれ変わり死に変わり苦しみ悩み続けていたことにあります。 生まれがたい人間に生まれても、 「人間に生まれてよかった」という生命の歓喜がなく、 どれだけお金があっても、どれだけやりたいことをやっても、 心からの安心も満足もなく、一時的な楽しみは、はかなく消え失せ、 次から次とやってくる苦しみにあえぎながら、 苦しみ悩みの人生を送っています。 そして、この先も永遠に苦しみ迷いの旅を続けなければなりません。. (解答) お釈迦さまと阿弥陀仏の関係について、お釈迦さまが教えられていることを、蓮如上人(れんにょしょうにん)という方がわかりやすく教えられています。 「阿弥陀仏は十方諸仏(じっぽうしょぶつ)の本師本仏(ほんしほんぶつ)ですよ」と教えられています。 では十方諸仏とは何かと言いますと、まず「十方」とは、仏教で大宇宙のことを指します。 この大宇宙には地球のようなものが無数に存在します。地球は大宇宙の中の塵にすぎません。 そして地球に釈迦が現れたように、大宇宙には数え切れないほどの仏が現れていると、お釈迦さまは説かれています。 それらの仏を「十方諸仏」といわれます。 有名なところで言えば、大日如来や薬師如来、奈良の大仏・ビルシャナ如来などは皆、十方諸仏の中の一仏です。 もちろんお釈迦さまも十方諸仏の中の一仏です。 次に「本師本仏(ほんしほんぶつ)」とは、師匠、先生という意味ですから、阿弥陀仏はあらゆる仏の先生であるということです。 では、お釈迦さまとの関係はどうなるでしょうか。 地球ではお釈迦さま以上に偉い方はありませんが、大宇宙からいえばお釈迦さまも十方諸仏の一人ですから、阿弥陀仏とお釈迦さまの関係は、師匠と弟子、先生と生徒に当たります。 ですから阿弥陀仏が上、お釈迦さまが下です。 ここまでの内容をまとめた動画がこちらです。. 「仏といったら呼び方が違うだけで、皆同じだろう」と思っている人が少なくありませんが、お釈迦さま(釈迦牟尼仏)と阿弥陀仏とは、全く違う仏さまです。 ちなみに「釈迦如来と釈迦牟尼仏、阿弥陀仏と阿弥陀如来ってどう違うの?」と思われた、仏と如来の違いについてまず知りたい方はこちらをお読みください。 → 如来と菩薩はどちらが偉いの? お釈迦さまは2600年前にインドに生まれられた方で、地球上でただお一人、仏のさとりを開かれた方ですから、「釈迦の前に仏なし、釈迦の後に仏なし」といわれます。 お釈迦さまについて知りたい方は、こちらをお読みください。 → お釈迦さまとは、どんな方なのですか? そのお釈迦さまが、「私の先生を紹介しよう」と、私たちに教えてくだされたのが、阿弥陀仏(略して「弥陀」とも呼ばれる)といわれる仏さまなのです。. 阿弥陀堂(あみだどう、正字体: 阿彌陀堂) は、阿弥陀如来を本尊とする仏堂のこと 。 平安時代 からの 浄土 信仰に伴って数多く建てられた 1 。 阿弥陀堂の形式は大別して2つある 1 。.

ゆえに、阿弥陀というのだ。また、シャーリプトラよ。かの仏の寿命およびその民衆の寿命も、無量であり 阿僧祇劫(一阿僧祇=十の百四十乗、一劫=極めて長い時間をあらわす単位)である。ゆえに、阿弥陀と名づける。シャーリプトラよ。. 華厳王菩薩 4. 大自在王菩薩 4.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 阿弥陀来迎図の用語解説 - 来迎往生思想に基づき,阿弥陀仏が臨終の信者を迎えるため,極楽浄土からこの世に現れる光景を描いた図。聖衆来迎図ともいう。阿弥陀は来迎印を結び,蓮台を捧げる観音と合掌する勢至菩薩を先導に,奏楽する菩薩や僧形. 阿弥陀(あみだ)とは。意味や解説、類語。「阿弥陀仏」に同じ。1 「阿弥陀笠」の略。2 「阿弥陀籤 (くじ) 」の略。3 「阿弥陀被 (かぶ) り」の略。「帽子が額をすべって、やけに―となる」〈漱石・草枕〉 - goo国語辞書は30万2千件語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も. 大乗仏教から生まれた阿弥陀如来信仰。では阿弥陀如来とは具体的にどんな存在なんでしょうか? 阿弥陀如来も、悟りを開くまでは修行僧の1人でした。修行僧は「菩薩」と呼ばれ、悟りを開く前の阿弥陀如来は法蔵菩薩(ほうぞうぼさつ)と呼ばれています。 法蔵菩薩は紆余曲折を経て、一切皆苦の世から人々を救うため「私が仏になれたら絶対こうするよ!」っていう48個の誓いを立て、この48個の誓いを実現すべく悟りを開き、自ら困苦から解放された世界(浄土)を築き上げました。 こうして法蔵菩薩は阿弥陀如来となり、阿弥陀如来が住む世界は極楽浄土(ごくらくじょうど)と呼ばれました。阿弥陀如来は、法蔵菩薩時代に誓った48個の誓いを達成すべく極楽浄土で常に人々を救うために尽力しています。 【極楽浄土の様子】 語弊があるのを覚悟で簡単にまとめちゃうと、人々を救いたいと一心に願い、救いの心を最大限まで極めることで悟りを開いたのが阿弥陀如来です。阿弥陀如来の存在は、大乗仏教では「人々を救いたい!と思う利他的な心が超重要!」ということを教えてくれています。 同じ仏教でも、ひたすら自分を追い込み厳しい修行をすることで悟りを開く・・・という原始仏教的な思想とは大きく異なっています。. 日本では仏教伝来以降、阿弥陀如来信仰は行われていましたが、本格的な信仰が始まったのは平安時代末期から。平安時代末期、空前の阿弥陀如来信仰ブームが到来します。なぜかというと1052年に末法が到来するという末法思想が広まったため。 末法思想とは、「ブッダが亡くなってから、一定の期間が経過すると私たちはブッダの教えを理解できなくなり、悟りも開けなくなってしまう・・・」という仏教における思想の1つ。詳細は以下の記事をどうぞ。 日本では末法到来は1052年と考えられていました。海賊襲来・武士の反乱・所領争いの激化、などなど社会情勢が不安定化した時期と末法の時期が重なったのもあって、末法思想は人々の間に広く信じられるようになります。 末法の到来は人々から救いの希望を奪うものであり、人々はその到来に恐怖します。そんな中、ある一部の人たちはこんなことを考えました。「私たちがブッダの教えを正しく理解できなくなったとしても、極楽浄土で私たちを救おうとしてくれている阿弥陀如来の手を借りれば私たちでも浄土へ行けるのでは?・・・というか、もうそれしか方法がないんじゃねーか!?」と。 阿弥陀如来への信仰は1000年ごろから広がり始め、1175年、遂にブッダではなく阿弥陀如来を最高の仏とする新宗派の「浄土宗」が開宗されます。開祖は法然(ほうねん)という天台宗の僧侶。. See full list on manareki.

· 阿弥陀岳山頂に到着すると、徐々にガスが取れ、風も弱くなりました。 そこからはとても良い景色を見る事ができました。 阿弥陀岳から中岳分岐までの下りは一般ルートかなと思うほどの急傾斜。. 大威徳王菩薩 4. 金剛蔵菩薩 4. スタジオ阿弥陀のブログ (最新情報はこちらをご覧ください。) ただいま、年3月末までの予約受付中です。 3枠(4時間30分)以上の予約は、年6月末分まで受付中です。-----料金改定のお知らせ 年7月1日より、新料金となりました。. 株式会社 阿弥陀は埼玉県蕨市にある解体・アスベスト・内装・不用品処分などを行っている会社です。現在一緒に会社を盛り上げてくれる方を募集しております。.

観音・勢至・龍樹・地蔵 4. 法自在王菩薩 4. 日照王菩薩 4. 掛軸/掛け軸 南無阿弥陀仏 佛説阿弥陀経 尺5 巾54. 阿弥陀瀬/アミダセ (五泉/そば)の店舗情報は食べログでチェック! 【禁煙】口コミや評価、写真など、ユーザーによる. 無明の闇とは私たちの心にある暗い心で、親鸞聖人は「無明の闇がすべての苦しみの根元である」と教えられています。 私たちは幸せを求めて、日々あくせくと働き、欲しいものを手に入れようと努力しています。 しかし無明の闇という暗い心があるから、どんなに物に恵まれ、生活が便利になっても、心から満足することができないと教えられます。 この苦しみの根元である無明の闇が破れると、苦しみの人生が幸せな人生にガラリと変わり、心から満ち足りた本当の幸せになれますので、本当の幸せになれない原因は、無明の闇という暗い心があるからだと教えられています。 そして、無明の闇を破る力が阿弥陀仏の力であると明らかにされています。 親鸞聖人は、主著『教行信証(きょうぎょうしんしょう)』の冒頭に と別の表現で書かれています。 無碍の光明とは、阿弥陀仏のお力のことをいいます。 無明の闇を破る阿弥陀仏のお力を「本願他力(ほんがんたりき)」また「他力本願(たりきほんがん)」と言われます。 無明の闇とは何か、他力本願の正しい意味は?詳しくはこちらへ → 「他力本願」の誤解と本当の意味とは?. 陀羅尼菩薩 4. 月光王菩薩 4.

阿弥陀様の光背には、和鏡(頭部の丸い部分)が使用されおり、裏の文様の中に「日本一」の文字があります。 日本一の文字は、織田信長が経済振興のため、優れた製品に許可しました。. 「阿弥陀如来」の「阿弥陀」には、2つの意味があります。 1つは、「アミターバ(阿弥陀婆)」で、 光明無量ということです。「光明」とは仏様のお力です。 阿弥陀仏の光明の届かないところはありませんので、 空間的に限りがないということです。 もう1つは「アミターユス(阿弥陀庾斯)」で、 寿命無量ということです。 阿弥陀仏の寿命は限りがないので、 時間的に無限ということです。 その空間的にも時間的にも変わらない、. 南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ) とは、名号のひとつで「六字名号」のこと。 阿弥陀仏への帰依を表明する定型句である。 「南無」はナモー(namo )の音写語で「礼拝、おじぎ、あいさつ」を意味するナマス( namas )の連声による変化形。. 阿弥陀如来は、「すべての人を必ず絶対の幸福に救う」というお約束をしておられます。 これを阿弥陀如来の本願といいます。 この本願によって阿弥陀如来は、生きているときに、後生の一大事を解決して、絶対の幸福にして下されます。 絶対の幸福になれば、親鸞聖人が「この世の利益きわもなし」と言われているように、限りない幸せの身になれます。 この現世利益を「現益(げんやく)」といいます。 現世の利益ということです。 さらに、この世で後生の一大事の解決ができた人は、死ねば阿弥陀如来の浄土へ往って、阿弥陀如来と同じ仏に生まれます。 この死後の利益を「当益(とうやく)」といいます。 当来の利益ということです。 このように、阿弥陀如来は、この世も救い、死後も救う、二度救いたまう仏であることを「現当二益(げんとうにやく)」といいます。 阿弥陀くぢ 現当二益を蓮如上人は、このように分かりやすく教えられています。 一念発起のかたは正定聚なり、これは穢土の益なり。 つぎに滅度は浄土にて得べき益にてあるなりと心得べきなり。 されば二益なりと思うべきものなり。 (御文章) 「一念発起(いちねんぽっき)」とは、後生の一大事が解決できた瞬間のことです。 その瞬間、「正定聚(しょうじょうじゅ)」になります。 「正定聚」とは、絶対の幸福のことです。 「穢土の益」とは、この世の幸せということです。 次に「滅度(めつど)」とは、仏のさとりのことです。 仏のさとりは浄土で頂く幸せだ、ということは死んでから頂ける利益です。 このように阿弥陀如来のご利益は、この世は絶対の幸福に救われ、死後は仏のさとりを頂ける、現当二益なのです。 ではどうすれば生きているときに絶対の幸福になれるのか、については、以下の小冊子に分かりやすくまとめておきました。今すぐお読みください。. 白象王菩薩 4. デジタル大辞泉 - 阿弥陀の用語解説 - 「阿弥陀仏」に同じ。1 「阿弥陀笠」の略。2 「阿弥陀籤(くじ)」の略。3 「阿弥陀被(かぶ)り」の略。「帽子が額をすべって、やけに―となる」〈漱石・草枕〉. お釈迦さま(釈迦如来、釈迦牟尼仏)と阿弥陀仏(阿弥陀如来)は違う仏です。 阿弥陀仏は大宇宙のすべての仏の師匠、先生の仏です。 一方でお釈迦さまは大宇宙の仏の一仏ですから、阿弥陀仏とお釈迦さまの関係は、阿弥陀仏が師匠で、お釈迦さまが弟子になります。 それだけ阿弥陀仏が称賛されるのは、阿弥陀仏の力が他の仏と比べてズバ抜けてすごいからです。 どのような力かと言いますと、私たちの苦しみ悩みの根元である「無明の闇」を破る力です。 この無明の闇を破る阿弥陀仏のお力を「本願他力」とか「他力本願」と言われます。 以下は、少し難しいですが、仏典のお言葉の根拠を知りたい方は、お読みください。. 阿弥陀如来の御徳は無限にありますが、中でも特記されるのは「光明無量」と「寿命無量」の2つです。 「光明無量」をインドの言葉で「アミターバ(阿弥陀婆)」といい、 「寿命無量」を「アミターユス(阿弥陀庾斯)」といいます。 光明無量とは空間的無辺のことで、寿命無量とは時間的無限です。 十方普遍と三世常住の真如に名づけられたのです。.

山海慧菩薩 4. 阿弥陀寺の観光情報 営業期間:拝観:9:00~16:00 要予約、交通アクセス:(1)栗東ICから車で20分。阿弥陀寺周辺情報も充実しています。滋賀の観光情報ならじゃらんnet 近江湖南二十七名刹霊場の一つ。. 阿弥陀寺の歴史は古く、平安時代から室町時代にかけて、 現在地の東方(旧郡山中央卸売市場付近)にあった天台宗正覚寺から始まり。 その後、天正2年(1574)に真言宗の寺として中興開山、 その後二度の火災に遭いながらも、そのたびごとに難を免れて、. 5cm×高さ190cm 業界初の表装品質十年間保証付き 純国産品 反り歪みがなくきれいに掛かる理想品質。. 後生の一大事の解決は、仏や菩薩の力でもできません。 そのことをお釈迦さまは、『悲華経』にこう説かれています。 煩悩多き衆生は賢劫の一千四仏が放捨する所 (悲華経) 「衆生」とは私たちのことです。 「賢劫」とは、現在を含む長い期間です。 その間に現れる、一千四の仏に捨てられたのが私たちだということです。 また、『不空羂索神変真言経』にはこう説かれています。 常に十方三世の一劫の如来、一切の菩薩摩訶薩の棄捨する所 (不空羂索神変真言経) 「十方三世」とはいつの時代、どこの国でも、ということです。 「如来」とは仏のこと、「菩薩摩訶薩」とは菩薩のことです。 いつの時代どこの国でも、常に、一切の仏や菩薩に見捨てられているのが私たちだということです。 蓮如上人はこのことを『御文章』に分かりやすくこう教えられています。 十悪・五逆の罪人も、五障・三従の女人も、むなしく皆十方・三世の諸仏の悲願にもれて、捨て果てられたる我らごときの凡夫なり。 (御文章2帖目8通) 諸仏にも慈悲がありますから、何とか助けたいと願いを起こされたのが「諸仏の悲願」です。 諸仏も一度は助けようとされたのですが、私たちの罪があまりに重すぎて、とても助けることはできないと、さじを投げて見捨ててしまったということです。 菩薩とは、仏のさとりを開こうと努力している人のことですから、仏に助けられなければ、菩薩に助けられるはずがありません。 仏にも、菩薩にも、もちろん私たち自身にも、後生の一大事を解決する力はないのです。 では後生の一大事の解決はどうすればいいのでしょうか?. 阿弥陀被り(あみだかぶり)とは。意味や解説、類語。《阿弥陀仏の光背のさまから》帽子などを、前を上げて斜めに傾けてかぶること。 - goo国語辞書は30万2千件語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。. お使いのブラウザではCookieが有効になっておりません。 Cookieを有効にしてから、ふれあい通信をご利用ください。. 無辺身菩薩 1.

定自在王菩薩 4. 獅子吼菩薩 4. See full list on shinden. 阿弥陀如来はすべての者を極楽浄土へ導くとされています。 他力本願ともよばれ、どんな人でも「南無阿弥陀仏」を唱えることで、極楽浄土へ往生できるというのが浄土教の教えです。阿弥陀如来は全ての人を救おうと48の誓いを立てました。.

西方 極楽浄土を建て、そこに住する他方仏。西方 極楽浄土の教主。(弥陀)浄土教の教主。浄土宗をはじめとする浄土教諸宗において本尊とされる仏。阿弥陀如来、無量光仏、無量寿仏ともいう。. 浄土宗がどんな宗教なのかと言うと、法然が1198年に書いた「選択本願念仏集」という本に書かれています。 先ほど紹介した阿弥陀如来の48つの誓い(本願)は四十八願(しじゅうはちがん)と呼ばれますが、法然は四十八願のうち特に18番目の本願を重要視しました。 48個の本願のうち18番目だけを選択して重視する、これが「選択本願」というやつ。 そしてそんな18番目の阿弥陀如来の本願がどんなものかと言うと・・・ こんな感じの内容。 阿弥陀如来はこの誓いを絶対に守ってくれるはずだから、18番目の本願のとおりに阿弥陀如来のいる世界(極楽浄土)を信じ、念仏を唱えればきっと阿弥陀如来が私たちを極楽浄土に導いてくれる・・・法然はこんな考え方をしました。 多くの人が一度は聞いたことがあるであろう南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)という念仏。 南無阿弥陀仏というのは現代語訳すると「阿弥陀仏様、どうか私を救ってください」という意味で、これこそがまさに四十八願の18番目の本願。法然が最も重要と考えた念仏です。 法然は、南無阿弥陀仏とひたすら念仏を唱え阿弥陀如来の十八番(オハコ)によって救ってもらうことを考えて、浄土宗という新たな宗派を作り出したわけです。. このように、すべての仏に見捨てられ、 永遠に苦しみ続けなければならない私たちがとても見ておれず、 「そんな極悪人ならなおさら捨ててはおけない」といういたたまれないお気持ちから、 「何とか救わねばならない」と立ち上がって下されたのが阿弥陀如来なのです。 このことを善導大師は、『観無量寿経疏』に 「大悲、驚いて火宅の門に入り」 と教えられています。 他人に嫌われるような子供は尚可愛いい親心のように、 仏の慈悲は、苦しんでいる人に重くかかります。 この大慈悲を『観無量寿経疏』には、 「水に溺れたる人の急にひとえに救うべきがごとし、 岸上の者をば何ぞ救うことをもってせん」 岸の上でたわけれている子供よりも、 今溺れて苦しんでいる人を救わなければならないようなものだ、 と教えられています。 このことを蓮如上人は、先ほどの『御文章』の続きにこう教えられています。 しかればここに弥陀如来と申すは、三世十方の諸仏の本師・本仏なれば、久遠実成の古仏として、今のごときの諸仏に捨てられたる末代不善の凡夫・五障三従の女人をば弥陀にかぎりて、 「われひとり助けん」 という超世の大願を発して、われら一切衆生を平等に救わんと誓いたまいて、無上の誓願を発して、すでに阿弥陀仏となりましましけり。 この如来を一筋にたのみたてまつらずば、末代の凡夫、極楽に往生する道、二つも三つも、あるべからざるものなり。(御文章2帖目8通) すべての仏に見捨てられた私たちを、阿弥陀如来だけが、「私が助けよう」と立ち上がられたのです。 だから、阿弥陀如来に助けて頂く以外に、後生の一大事の解決の道はない、ということです。 では、阿弥陀如来と釈迦如来は、どんな関係にあるのでしょうか?. · 宮崎駅前商店街、通称「あみーろーど」で現在、30店が参加して「阿弥陀スタンプラリー」が開催されている。. .

/77/7303cd7ea59 /41-16800cd701a6 /71-9950e470fe27 /760/d507ba784b

阿弥陀くぢ

email: izeqot@gmail.com - phone:(763) 348-2840 x 4546

そなちね - 手のひらからこぼれる雨

-> GENESIS LIVE
-> 虹色ファルセット

阿弥陀くぢ - スライダー キャンディー ピクチャー


Sitemap 1

祭nine./日本武道館ライブ「祭元年~新しい挑戦~」 - Limite Hawaii Engenheiros